無地Tが似合う様になりたい!!

日本語ラップ多めで気になった事を書いてます。

【トウキョウトガリネズミ】底がしれない男MC松島【Refugeecamp】

本気なのか不真面目なのか、狙ってやっているのか天然なのか、日本語ラップシーンに吉田沙保里と言うジャンルを確立しようとしてみたり、みたらし団子を食べられた事からビーフに発展させてみたり正直つかめない面があるがそうなった時点でMC松島の魅力にとりつかれているのかもしれない。

f:id:NKJ_ss_Ashra:20170303195002j:plain

引用:MAKI THE MAGI

MC松島(エムシーまつしま)

北海道札幌市出身、在住のラッパー、漫画家、映画監督。

87年生まれ、山羊座のO型。好きな食べ物は牛タンと生野菜。

レーベルトウキョウトガリネズミ主宰。

「絶対に頑張らない」を公言しているが「アーティストは努力じゃなくて才能を売る者だ」と言うキエるマキュウのMAKI THE MAGIの言葉から。

そのためここぞと言う瞬間まで本気を出さない作戦をとっている。

 札幌のヒップホップクルーRefugeecamp(レフジーキャンプ)所属。

 

Refugeecamp / 4seasons

FRAME a.k.a FAKE-IDの心地よいフックから始まるJazadocumentの印象的なビートがクセになるRefugeecampのアンセム的な曲。

良い意味でMC松島が全然目立ってないこれからの活動が楽しみなクルーが現れました。

DOWNLOAD
SONG ALBUM
. .

 

MC松島 / 飛行機に乗り遅れる

MC松島が2度も飛行機に乗り遅れたと言う事実からチケット代をペイするために曲を作りました。そして 、成田まで来たのでさらにペイするお金が増えましたって曲です。

 ビートもリリックのストーリーテラーもすばらしいのですが飛行機に乗り遅れたからみんなであまりおいしくないお寿司食べようかってだけの曲ですね(笑

DOWNLOAD
SONG ALBUM
. .

 

街おこしMCバトル 晋平太vsMC松島

札幌でのフリースタイルバトルでの一コマ。まっちゃん珍しく熱くなってますね。でもいつもバックパックしょってますがそれがまっちゃんスタイル。

 

MC松島はラップバトルでフロウがSALUのパクリだとDisられる事がありますが、MC松島とSALUは同級生で学生時代にもう一人の友人と3人でクルーを組んでいてその時にできたスタイルなのでどちらもオリジナルです。

 

MC松島  /  B.M.K.D.(バトルMCは曲がださい)

バトルMCの曲を集めたアルバムでこの曲をチョイスするのは天然なのかあえてなのか・・・この曲もあまりカッコ良くない・・・つまりそういう事です(笑

DOWNLOAD
SONG ALBUM
. .

 

MC松島 / 風が強い日を選んで走る

 ミニアルバム「よわいにく」よりゼネラルド絶大のビートに吉田沙保里についてラップしたMC松島にしては珍しく真面目なラップです。曲のタイトルは同じ北海道出身のバンドthe pillowsの名曲「funny bunny」から。

DOWNLOAD
SONG ALBUM
. .

 

MC松島 / She's a hero

吉田沙保里の事だけをラップしたアルバム「She's a hero」の中でも吉田沙保里愛があふれる曲。Lil'諭吉のウェッサイと和モノを掛け合わせたようなビートに本邦初公開MC松島のトラップ。本当に才能の無駄使いをしますね。吉田沙保里は強いって事をさまざまな角度から力説しています。

DOWNLOAD
SONG ALBUM
. .

 

この頃からリリースの頻度が早くなります。ついに彼の言うここぞと言うタイミングが来たのでしょうか?

 

MC松島 , 呼煙魔(こえんま) / ピストル

 ゆったりとした呼煙魔の浮遊感のあるビートが夜街を徘徊する時にハマりそうな曲。MC松島のフリースタイルの時のような言い回しのリリックが曲のスリリングさを醸し出しています。

 

MC松島 / デトロイト・テクニック・パーティ feat. SPIN MASTER A-1

話題騒然デトロイト・テクニック・ハウスと日本語ラップが世界で初めて遭遇した瞬間!イントロを聴いたら引き込まれ、ゆるいラップにヤラれ、お寿司で完全に持っていかれる。この曲を聴いたら大体の事はどうでもよくなってしまいますね。

デトロイト・テクニック・最高!!

DOWNLOAD
SONG ALBUM
. .

 

あとがき

ついにMC松島に時代が追い付いてきたのでソロやトウキョウトガリネズミ、Refugeecampでの活動と共にそろそろSALUとの共演がある事を期待して君の友達まっちゃんに注目です。

 

 

関連記事

 

 以上

へばまた~