無地Tが似合う様になりたい!!

日本語ラップ多めで気になった事を書いてます。

どこまで行っても「たりないふたり」Creepy Nuts

現役ラッパー最高のフリースタイラーと若手注目株のターンテーブリストでビートメイカーと言う誰もがうらやむ輝かしい経歴を持った二人。しかし、幼少期から劣等感を感じていたが、ヒップホップに救われた二人。そんな劣等感を活力に快進撃を続けているがそれでも「たりないふたり」Creepy Nuts。

f:id:NKJ_ss_Ashra:20170225220834j:plain

引用:creepynuts_joen_aph_fix

Creepy Nuts(クリーピーナッツ)

R-指定とDJ松永による1MC1DJのヒップホップユニット。

 

R-指定

f:id:NKJ_ss_Ashra:20170225233020j:plain

 引用:[写真] ラッパー・R-指定「モテないやつがラップをやると、もっとモテなくなる」(TOKYO FM+) - エキサイトニュース

1991年生まれ、大阪府堺市出身のラッパー。梅田サイファーで実力をつけ、日本最高峰のMCバトルULTIMATE MC BATTLE大阪予選5連覇に本戦3連覇と歴代バトルMC屈指の強さを誇る。

フリースタイルダンジョンのモンスターでもおなじみ。

 

DJ松永

f:id:NKJ_ss_Ashra:20170225233428j:plain

 引用:日本語ラップ界が注目! DJ 松永の新作にTOC、SKY-HI、サ上、R-指定ら - KAI-YOU.net

1990年生まれ、新潟県出身のDJ、ビートメイカー、ターンテーブリスト。ヒルクライムTOCの専属DJとしても活動中。

プロデュースワークとしてサイプレス上野、KEN THE 390、晋平太らにビートを提供している。初めて付き合った人と結婚すると言う野望のため童貞を守り続けている。

 

 R-指定とDJ松永からなるCreepy Nutsはヒップホップ業界で唯一の「非モテ」を全面に押し出したヒップホップユニットです。

お互い学生時代にこんな俺らでもヒップホップして良いんだ!と、ライムスターに救われ、大阪で十代の同世代を集めたイベント「Tiny Titan Box」が開催されそのイベントで意気投合し、結成に至りました。

 

その後、ソロ期間を経てCreepy Nutsとして本格的に動き出します。

 

 Creepy Nuts(R-指定&DJ松永) / 合法的トビ方ノススメ

 トランペットの音が印象的なワンループのパキッとしたビートに鋭くもメロディアスなラップが乗った曲。世間には非合法なモノがありますが音楽は合法でハイになれる唯一のモノです。この曲は何度もループして聴いてしまう魅力があります。

DOWNLOAD
SONG ALBUM
. .

 

 Creepy Nuts(R-指定&DJ松永) / みんなちがって、みんないい。

色々な方面の方々をDisっているように聞こえますがヒップホップ以外のイベントに多数出演しているCreepy Nutsの活動から察するに「みんなちがって、みんないい。」と肯定しているのかもしれません。

それにしてもR-指定すごいですね。全部R-指定が一人で真似しながらラップしてるとは(笑

DOWNLOAD
SONG ALBUM
. .

 

 フリースタイルの時のようにギッチギチの理詰めのフロウの時もあれば、芸人のリズムネタのように思わず口ずさみたくなるようなフロウだったり、ただカッコ良いだけじゃなく少し癖のある引っかかる感じが心地良いビートだったり日本語ラップを楽しんでいるのが曲から伝わってきます。

 

 Creepy Nuts(R-指定&DJ松永) / 助演男優賞

前作「たりないふたり」リリース以降、数多くのメディアに取り上げられ業界の闇を見る事もあったであろう2人の控えめにでも、確実に今の音楽業界を皮肉ってる曲。

DJ松永のビートは毎回踊りだしたくなりますね。さすが合法。

DOWNLOAD
SONG ALBUM
. .

 

 Creepy Nuts(R-指定&DJ松永) / 未来予想図

この先、日本語ラップブームが去ったとしても良い曲作って、良いライヴして良いラップをする、そして良いトラック作る。そっぽ向かれてもやる事は変わらない。続けていくって意思表明をメロウなビートをバックに歌った曲。

突然シーンの中心人物になった彼らだからこその葛藤と決意が感じられます。

DOWNLOAD
SONG ALBUM
. .

 

あとがき

ヒップホップは本来持たざる者の音楽です。学生時代イケていなかった2人は素質十分でしょう。

そして、劣等感と怒りをモチベーションに前を向き続けた今の結果はもしかしたら必然なのかもしれません。売れてもなおひたむきさと音楽を楽しむ姿勢を持ち続ける「たりないふたり」Creepy Nutsに注目です。

 

関連記事

 

以上

へばまた~