無地Tが似合う様になりたい!!

日本語ラップ多めで気になった事を書いてます。

ヒップホップのマインドを感じるバンド5選

ヒップホップのビートは古いジャズからサンプリングされたものがほとんどです。

つまり、ヒップホップとジャズは間違いなく相性が良いと言い換える事が出来ます。

 

現にUSでは ザ・ルーツJazz Liberatorzと言った大御所ヒップホップバンドがドープな生音でヒップホップをならしています。

 

日本でもドラゴンアッシュや山嵐と言ったミクスチャーバンドがヒップホップを取り入れたことに始まり、生音でラップをするスタイルは多種多様化した日本の音楽シーンで確実に成長しているシーンです。

特に、日本語ラップブームが来ている今、ヒップホップのマインドを感じるバンドに注目しない手はありません。

 

早速行ってみましょう!

1.韻シスト / ひょっとしたら

 1998年に大阪で結成された2MC、ギター、ベース、ドラムからなる生々しくて独創的なサウンドと圧倒的心地よさが魅力のバンド。

空間全体を心地よい空気に変えてしまうようなピースフルな曲。部屋でマッタリしたい時に是非。

DOWNLOAD
SONG ALBUM
. .

 

2.The Beatmoss / Flippin' Out

 RIP SLYMEのILMALIがギターボーカル、MCを務めるバンド。オルタナ、ヒップホップ、ファズギター、ファンク、ジャズなどさまざまなジャンルを飲み込んだ雑食サウンドが魅力。

どっしりとした重いビートに軽快なギターとラップが合わさった疾走感のある曲です。

DOWNLOAD
SONG ALBUM
. .

 

3.水曜日のカンパネラ / シャクシャイン

 シンガーコムアイを中心としたポップサウンドユニット。サウンドプロデュースは元HydeoutProductionsのケンモチヒデフミ。

この曲もそうですが、「桃太郎」って曲も中毒性が半端ないです。

北海道の地名や観光地をひたすら息が続かぎりビートに乗せる。それもヒップホップ!!←無理やり

DOWNLOAD
SONG ALBUM
. .

 

4.Rude-αと仲間たちのバンドyonnayonna路上ライブ@渋谷2017.2.3

 高校生ラップ選手権で優勝こそできなかったものの大いに会場を沸かせたRude-α

(ルードアルファ)を中心に結成されたyonnayonna(ヨンナヨンナ)。

沖縄の独特な横ノリをふんだんに入れつつもヒップホップの鋭さを持ったこれからの活動に期待しかないバンドです。

 

5.Suchmos  / STAY TUNE

 アシッドジャズやヒップホップなどブラックミュージックから影響を受け2013年神奈川で結成。

間違いなく今最注目のバンドSuchmos(サチモス)。厳密にはヒップホップバンドではないですがあくまでマインドなのでチョイスしました。

アシッドジャズの要素も取り入れているから激しくないけど踊れる、静かじゃないけどチルできるそしてジャージに白Tなのにカッコ良い。ズルい。

 これでさらに白T人気が上昇しますね(笑

DOWNLOAD
SONG ALBUM
. .

 

 

おまけ

KID FRESINO / Salve feat. JJJ

 バンドバンドではないですが生音でラップしている曲って事で。

KID FRESINO(佐々木)とJJJの掛け合いが最高な曲。生音だと曲の価値がより一層上がるような気がしますね。

DOWNLOAD
SONG ALBUM
. .

 

 

あとがき

コムアイはガチ!

 

 

関連記事

 

 

以上

へばまた~