無地Tが似合う様になりたい!!

日本語ラップ多めで気になった事を書いてます。

低価格・高タンパク・栄養満点でコラーゲン豊富な「牛すじ」の簡単な下処理の方法

牛すじって美味しいですよね。

スープやおでん、カレーなどに入れるとさらに美味しい!

 

良く煮込まれた牛すじはプルプルで柔らかい触感のため、脂肪だと勘違いされがちです。

しかし、そのほとんどはタンパク質であり、100グラム当たりのカロリーは155キロカロリーと鶏のささ身105キロカロリーとさほど変わらない低脂質・高タンパクの食材です。

つまり、食事のコントロールが必要なスポーツ選手やダイエットをしている女性にピッタリの食材なんです。

さらに、タンパク質の他に血液の赤血球を作るビタミンB12、骨を強くする作用のあるビタミンK、関節やじん帯の栄養素コラーゲンが豊富に含まれています。

こんなに栄養豊富でしかもダイエットに最適、その上安いと来たらもう食べるしかないですね!

それではカレーや煮物に使える簡単な「牛すじ」の下処理の方法を紹介します。

 

材料

  • 牛すじ      300グラム
  • 水        煮こぼし用大量
  • 〇水       1リットル
  • 〇酒       100CC
  • 〇にんにく    少々
  • 〇しょうが    少々
  • 長ネギの青い所  1本分

f:id:NKJ_ss_Ashra:20170131192017j:plain

 

つくり方

1.鍋に牛すじが浸かるくらいの水を入れて沸かします。

f:id:NKJ_ss_Ashra:20170131192046j:plain

料理の世界では土より上の食材は沸騰してから、土より下の食材は水から入れると言うルールがあるのでそれに従って、沸騰してから牛すじを投入します。

 

2.すぐにアクが出てくるので煮こぼしてお湯で牛すじを洗います。

f:id:NKJ_ss_Ashra:20170131192118j:plain

 

3.上の工程をアクが出なくなるまで2回程繰り返してください。

 

4.アクが出なくなってきたら鍋に〇の水1リットルを入れて沸騰させます。

f:id:NKJ_ss_Ashra:20170131192205j:plain

 

5.沸騰したら牛すじと〇の食材を投入して弱火にして煮込んでいきます。

f:id:NKJ_ss_Ashra:20170131192236j:plain

 

6.火の強さはこのくらいの弱火でじっくりコトコト。蓋をすると白濁したスープ、蓋をしなかったら透明なスープになります。

f:id:NKJ_ss_Ashra:20170131192310j:plain

 

7.1時間30分~2時間ほど煮込んだら完成です。冷めるまで放置しましょう。

f:id:NKJ_ss_Ashra:20170201200420j:plain

 

8.完全に冷めたら表面に油が浮いてくるので取り除いて牛脂として使ってください。

f:id:NKJ_ss_Ashra:20170201200511j:plain

 

牛すじを食べやすい大きさに切ってお好きな料理にどうぞ!

f:id:NKJ_ss_Ashra:20170201200557j:plain

 

もちろんスープも料理に使えます。旨味たくさんの黄金スープです。

f:id:NKJ_ss_Ashra:20170201200637j:plain

 

カレーに入れても最高です。

f:id:NKJ_ss_Ashra:20170201200725j:plain

 

あとがき

少し時間はかかりますが煮込むだけの簡単調理なので、タンパクな鶏のささ身に飽きた時などに是非試してみて下さい。

柔らかくておいしいですよ。

 

 

こちらのレシピもおススメです!

www.shiro-t-daisuki.com

www.shiro-t-daisuki.com

 

 

以上

へばまた~