無地Tが似合う様になりたい!!

日本語ラップ多めで気になった事を書いてます。

冬の一番の贅沢・・・それはコタツアイス!!

寒い季節には鍋やラーメンの美味しさが際立ってきますよね??

ラーメンは夏に汗をかきながら食べるのも美味しいですが冬の寒い日に食べるラーメンは暖かい店内に入ったところから幸福感があるし、鍋は冬にこそ本領を発揮しますね

しかし、温かい食べ物より冬にこそ食べたい物がそうです・・・

 

タイトルの通り暖かい部屋でコタツに入って食べるアイスです!

しかも雪見だいふくならなお良し!!

f:id:NKJ_ss_Ashra:20161128222821j:plain

引用:雪見だいふくが売ってない?期間があるの?秘密発見! | 旬な話題から超ニッチな情報までお届け 

雪見だいふく食べたいって時に限って冷凍庫に入ってないんですよね~買ってないからなんですが・・・

でも、業務用アイスと白玉粉ならあるんだけどな~って時ありますよね??

f:id:NKJ_ss_Ashra:20161128221308j:plain

 ねっ?ありますよね?ねっ?なくてもあるって言ってください!

はい、ありがとうございます

これらを使って雪見だいふくがつくれるんです!!それでは行ってみましょう

 

こちらのレシピを参考にさせていただきましたありがとうございます。

cookpad.com

材料(6個)

  • 白玉粉     50グラム
  • 上白糖     100グラム
  • 水       80ml
  • アイスクリーム 200グラム
  • 片栗粉     適量

作り方

1.(求肥を作る)耐熱ボウルに白玉粉を入れて少しずつ水を足しながら混ぜる

白玉粉のダマがなくなったら上白糖を入れて混ぜる

f:id:NKJ_ss_Ashra:20161128221809j:plain

2.ふんわりとラップをして600Wの電子レンジで2分加熱して混ぜる

さっと混ぜたら再び1分電子レンジにかけて混ぜる

ここからは木ヘラなどを使って混ぜてください

f:id:NKJ_ss_Ashra:20161128221442j:plain

3.粘り気が出てひとまとまりになるまで混ぜる

↑上の画像の様になったら完璧です

f:id:NKJ_ss_Ashra:20161128221912j:plain

 4.大き目のまな板かラップの上に求肥がくっつかないように片栗粉をたっっぷり広げる

その上に求肥を落として表面に片栗粉をまぶして裏返しながら2~3mm程度になるまで薄く広げていく

まだ十分に熱いので注意して広げて下さい

f:id:NKJ_ss_Ashra:20161128222015j:plain

 5.お椀などで丸く型抜きする

コーヒードリッパーの大きさが丁度良い感じでした

f:id:NKJ_ss_Ashra:20161128222051j:plain

6.好きなフレーバーのアイスをのせて包んでいく

アイスの量は気持ち多めにして求肥をゆっくり伸ばしながら包むとうまくいきます

私はできませんでしたが・・・

f:id:NKJ_ss_Ashra:20161128222126j:plain

f:id:NKJ_ss_Ashra:20161128222156j:plain

7.包んでひっくりかえしたら完成!

多少いびつでもひっくり返したらそれっぽくなりますね!あとは美味しく召し上がってください。

あとがき

見た目は多少アレですが食べたら本物の雪見だいふくの様な優しい甘さで美味しかったです。

余った求肥を保存する場合はラップで包んで冷凍保存してください。砂糖がたくさん入っているので冷凍庫でも柔らかいまま保存できます

これで今年の正月はコタツで雪見だいふく食べ放題の寝正月決定ですね!!

 

こちらもおススメです

www.shiro-t-daisuki.com

www.shiro-t-daisuki.com

 

 

以上

へばまた~