無地Tが似合う様になりたい!!

日本語ラップ多めで気になった事を書いてます。

【簡単】美味しいお米の炊き方

今まで特に考えもなくお米研いでご飯炊いて普通に食べてましたけど、コレがひと手間加えただけでいつもより美味しいご飯が食べれるとしたら試してみたくありませんか??

f:id:NKJ_ss_Ashra:20161107210902j:plain

…気になりますよね??私はとても興味津々です!お米研ぐのもヒップホップです!!

 

 

ご飯がいつもより美味しくなったら今の時期秋刀魚とか・・・

f:id:NKJ_ss_Ashra:20161107211001j:plain

 

 

カボチャをはじめとした秋野菜のカレーとか・・・

f:id:NKJ_ss_Ashra:20161107211030j:plain

 

 

グラコロとか…(笑

f:id:NKJ_ss_Ashra:20161107211126j:plain

グラコロはご飯合わないですね失礼しました

でも、秋って感じがしますよね

 

 

つまり、

ご飯が美味しくなると秋の味覚も美味しくなるじゃないですか!!

って事を言いたいわけですよ

 

うんうん、良いよ!それらしくなってきたよ

 

 

 

では、張り切って行ってみましょう!!レッツラゴー

 

 

 

1.軽量

計量カップ摺り切りでも問題ないと思いますが、はかりを持っているなら1号150グラムをはかりで計量しましょう

私は持ってないので摺り切りですが

f:id:NKJ_ss_Ashra:20161108000321j:plain 

今回はいつも炊いてる3合です

 f:id:NKJ_ss_Ashra:20161108000615j:plain

 

 

 

2.吸水①

続いてお米を洗っていきましょう

1.ここで、ボウルとざるを使います

2.ボウルにミネラルウォーターを先に入れておいて、お米を一気に入れて2~3回くらいまぜてすぐにざるで水を切ります

 

 f:id:NKJ_ss_Ashra:20161108000831j:plain

 

ポイント

お米は最初の水を一番吸収するため、風味を損なわないように水道水よりも不純物の少ないミネラルウォーターを使いましょう!

きれいな水を吸わせたいとは言ってもゆっくりしているとお米についたぬかの臭いも吸ってしまうので手早く行って下さい

 

 f:id:NKJ_ss_Ashra:20161108001148j:plain

 

 

3.洗米

それでお米を研いでいきましょう

1.水を捨てたボウルにしっかり水を切ったお米を優しくかき混ぜます

2.水を入れて、その水をしっかり切る

 f:id:NKJ_ss_Ashra:20161108001302j:plain

 f:id:NKJ_ss_Ashra:20161108001400j:plain

 

ポイント

水があると米同士の摩擦が起きないためきちんと研ぐことができないそうです

お米に傷がつかないように優しくかき混ぜましょう

 

 

4.吸水②

お米に水を吸わせます

1.洗ったお米を炊飯器の内釜に入れて、洗った分のラインに合わせてミネラルウォーターを 入れます

2.内釜にラップをして冷蔵庫に夏は2時間、冬は1時間ほど入れて冷やしながらお米を吸水させます

 

 

ポイント

お米は冷やすことでアミノ酸量が増えて旨味が増すので冷たい水を使ってください

 

 

5.炊飯

お米を炊きます

1.いつも通りに炊飯していきます!この時、お米1合に対して製氷機で作った氷1個を炊飯器に入れて炊飯してくださいこれだけ!

f:id:NKJ_ss_Ashra:20161108001655j:plain

 

ポイント

吸水の時と同じで騰するまでの時間を延ばす事でアミノ酸がバシバシ増えて美味しくなります

 

 

 

6.ほぐし 

ご飯が炊けたら

1.ふたを開けてしゃもじでご飯を十字に切ります

2.4つに分けたご飯を裏返して切るようにほぐしていきます

 f:id:NKJ_ss_Ashra:20161109001839j:plain

 

ポイント

裏返してほぐすことで余分な水分を飛ばし、全体が均一な炊き上がりになるようにします

 

 

7.食べる

茶碗によそって・・・enjoy!!!

 

 

 

以上が、美味しくなるお米の炊き方なんですがいつもとあまり変わらないですよね?これならすぐに試せますねやったぜ!!

 

 

 このやり方を見るとお米に吸水させる時が一番のポイントの様ですね

 

 

って事は・・・無洗米をミネラルウォーターで炊いたら同じくらい美味しくなるんじゃ・・・(笑

 

 

以上

へばまた~