無地Tが似合う様になりたい!!

日本語ラップ多めで気になった事を書いてます。

ラッパー

NEO TOKAI現場たたき上げのリリシストC.O.S.A.

現在何度目かの日本語ラップブーム真っ只中ですが、今回のブームでは東京だけでなくローカルの勢いが凄いと感じています。特に愛知県出身のラッパー、ビートメイカーが次々と出て来てはシーンの話題をかっさらっています。 その中でも現場たたき上げのリリシ…

生身のラッパー唾奇とジャジーなビートメイカーSweet Williamの魅力

唾奇とSweet William。 2016年後半あたりからジワジワと注目を集めてきた彼ら。 今年の日本語ラップシーンの顔は彼らで決まり!ってくらい話題曲を量産しているので聴いた事がある人も多いと思います。 そんな引っ張りだこな唾奇とSweet Williamについて紹介…

フッドを愛するクールボーイ IO【KANDYTOWN】

見えるもの、感じた事をあえてダイレクトに言わずに聞き手に想像させるリリックと意味よりも言葉の流れを重視したスムーズでロマンティックなIOのラップ。

仙台の復興を目指す最初のうぶごえを上げるGAGLEの音楽

東北仙台ローカルから全国または海を越えて世界に向けてジャジーでひたむきな日本語ラップを配信するユニットGAGLE。

街の子悪党から稀代のリリシストへ変貌する男NORIKIYO

ヒップホップを一途に愛し時間をかけて紡いだ言葉(花)を束ね、昨今の日本語ラップシーンに捧げるNORIKIYOの枯れない花束。

日々エスカレートするRAU DEFのラップ

スキルがあっても評価されず、閉塞感を感じる状況でもひたすら音楽を続け若くして脚光を浴びるも全く満足しないマイク1本で自身のスタイルを誇示し続ける孤高の問題児ラッパーRAU DEF。

【DNC】東京の煙たい空気とノリを表現する男ISSUGI

フリースタイラーのようなリリカルなフロウとスムースな歯切れの良い言葉にオーセンティックな B-BOYスタイル。特に気取ってるわけではなく自然と醸し出されるその雰囲気とスキルで東京アンダーグラウンドヒップホップ随一の男ISSUGI。

【DNC】東京のリアルなストリートの代弁者仙人掌

2000年代中盤以降の日本語ラップの時代を代表する作品に相次いで客演し、自身もMONJUのメンバーとしてもアングラで絶大な支持を受ける東京ヒップホップシーンの最重要人物のひとり仙人掌。

Ryugo IshidaとSophieeの映画のようなヒップホップユニット「ゆるふわギャング」

ディレクターAutomaticが作るUSライクなイマドキなビートに、思春期のような衝動と脆さを乗せるRyugo IshidaとSophieeのラップ。それがゆるふわギャング。

「日本語ラップ最高到達地点」を更新し続けるラッパーAKLO

ネットにアップしたフリーミックステープから火が付き、デビューアルバムは「日本語ラップ最高到達地点」と称された日本語ラップをネクストに導く孤高のラッパーAKLO。

環ROYと鎮座DOPENESSが自由に踏み鳴らす音楽KAKATO

ヒップホップシーンのみならず、日本の音楽シーン全体からラブコールがやまない天才2人のフリースタイルから派生した自由すぎる音楽の表現の形。KAKATO。

川崎発稀代のサンプリングマエストロJJJ【Fla$hBackS】

Fla$hBackSの一員としてシーンに現れ、タイトで切れ味鋭いフロウと独創的なサンプリングによる唯一無二のビートを武器にソロアルバムやプロデュースワークで注目を集め続けている成長著しい男JJJ。

【トウキョウトガリネズミ】底がしれない男MC松島【Refugeecamp】

本気なのか不真面目なのか、狙ってやっているのか天然なのか、日本語ラップシーンに吉田沙保里と言うジャンルを確立しようとしてみたり、みたらし団子を食べられた事からビーフに発展させてみたり正直つかめない面があるがそうなった時点でMC松島の魅力にと…

どこまで行っても「たりないふたり」Creepy Nuts

現役ラッパー最高のフリースタイラーと若手注目株のターンテーブリストでビートメイカーと言う誰もがうらやむ輝かしい経歴を持った二人。しかし、幼少期から劣等感を感じていたが、ヒップホップに救われた二人。そんな劣等感を活力に快進撃を続けているがそ…

日本語ラップの枠を適当に飛び越える芸術家KOHH

2012年にミックステープ「YELLOW T△PE」をリリースして以来、USのラッパーがスターダムにのし上がるかのように成功を収めつつあるが、自身を高田純次のように「適当な男」と表現する一方でSNSを使ったマーケティング戦略や斬新なセルフプロデュースをするク…

厚木のニュータイプラッパーSALU

一度聴いたら耳から離れなくなってしまう声質と独特のフロウ。決してハイテンションな訳ではないけどローテンションな訳ではない。言葉数は多いのに独特の余白と浮遊感がある。そんなニュートラルなスタンスで日本語ラップシーンでフォロワーを増やし続ける…

【随時更新】2017年オススメラッパーまとめ

2017年に入ってもう1か月が経とうとしています。 この感覚、年々早くなってる気がするのは私だけじゃないハズ・・・ それは置いといて、私が個人的に去年、もしくはその前から続いて推しているラッパーや、今年新たに知ったラッパー、クルー、ビートメイカ…

【随時更新】注目のフィメールラッパーまとめ

日本語ラップに限らずヒップホップはなにも男だけのものではないです。とてもカッコ良い女性ビートメイカーや女性ラッパー(フィメールラッパー)もたくさんいます。 今回はそんなナイスなフィメールラッパーを紹介します。

ハーレムの一室から紡がれるKID FRESINOのラップ

見た目は年相応くらい、むしろ幼さが残る顔つきながらひとたびステージに上がるとソウルの曲をサンプリングしたオーセンティックなビートにセルフボースティングなラップを武器に日本語ラップの未来を切り開くKID FRESINOについて。

名古屋ローカルのネクストNEO TOKAI CAMPANELLA

銀河鉄道の夜の孤独な少年ジョバンニの友人でなければ水曜日でもない。TOKAI DOPENESS。NEO TOKAI。などとも呼ばれる東海エリアシーンのネクストラッパーCAMPANELLA。

山梨から世界に向けてやべ~勢いでぶっ放す男。田我流

「お前らにとったら小さなことだな、でも俺にとったらこれがすべてさ」 誰よりも熱くるしくて、誰よりも面倒くさくて、かと思えばとても繊細で、だけど誰よりもまっすぐで、誰よりも人間臭い男。それが田我流。 田我流(でんがりゅう)

nujabesとShing02が「音楽の女神に宛てて」書いた手紙Luv(sic)について

「恋に落ちた犬のように繊細で 二人の新しい相対性を目論んでいる」 そんなパンチラインで始まる、nujabesの繊細なビートに乗せてSHing02が「音楽の女神に宛てて」書いた手紙Luv(sic)は世界に産み落とされた。

5lackと言うユルいけどユルくないラッパー

日本語ラップの中でも今日あった事をそのままビートに乗せてそれがカッコ良い!ってラッパーをあげるとすると5lackが1番に思いつくでしょう。 そのくらい肩の力が抜けた、それでいてスムーズなフロウとレイドバック(へたった様な)したビート、名前の通りユ…

板橋のダメ兄貴ことPUNPEE

ここ最近のフリースタイル甲子園、フリースタイルダンジョン人気で何度か目のブームが来ている日本語ラップですがブームの一端を担っているのはこの男ではないでしょうか??ここ最近の --> 2017年1月29日更新 ここ最近のフリースタイル甲子園、フリースタイ…

【昭和レコード】第三の男ZORNについて

自分の生活をさらけ出して「等身大」をビートに乗せてライムを吐く。普遍的な日常をドラマチックに彩るリリカルなスキルと説得力のあるライミングでZORNの快進撃は続く。

【オススメ】2016年にリリースされた日本語ラップお気に入り曲10曲【ヒップホップ以外もあるよ】

何てったって秋ですね! 秋と言ったら芸術の秋じゃないですか? そうそう、音楽も芸術じゃないですか!アートじゃないですか!