無地Tが似合う様になりたい!!

日本語ラップ多めで気になった事を書いてます。

フッドを愛するクールボーイ IO【KANDYTOWN】

見えるもの、感じた事をあえてダイレクトに言わずに聞き手に想像させるリリックと意味よりも言葉の流れを重視したスムーズでロマンティックなIOのラップ。

GWの風物詩弘前さくらまつり

春と言ったらお花見ですね。 お花見と言ったら弘前の桜は外せないでしょう。 そんなわけで時期はとっくに過ぎてしまいましたがさくらまつり行ってきましたって話です。ちょっと見てやってください。

日々エスカレートするRAU DEFのラップ

スキルがあっても評価されず、閉塞感を感じる状況でもひたすら音楽を続け若くして脚光を浴びるも全く満足しないマイク1本で自身のスタイルを誇示し続ける孤高の問題児ラッパーRAU DEF。

【DNC】東京の煙たい空気とノリを表現する男ISSUGI

フリースタイラーのようなリリカルなフロウとスムースな歯切れの良い言葉にオーセンティックな B-BOYスタイル。特に気取ってるわけではなく自然と醸し出されるその雰囲気とスキルで東京アンダーグラウンドヒップホップ随一の男ISSUGI。

【DNC】東京のリアルなストリートの代弁者仙人掌

2000年代中盤以降の日本語ラップの時代を代表する作品に相次いで客演し、自身もMONJUのメンバーとしてもアングラで絶大な支持を受ける東京ヒップホップシーンの最重要人物のひとり仙人掌。

「日本語ラップ最高到達地点」を更新し続けるラッパーAKLO

ネットにアップしたフリーミックステープから火が付き、デビューアルバムは「日本語ラップ最高到達地点」と称された日本語ラップをネクストに導く孤高のラッパーAKLO。

環ROYと鎮座DOPENESSが自由に踏み鳴らす音楽KAKATO

ヒップホップシーンのみならず、日本の音楽シーン全体からラブコールがやまない天才2人のフリースタイルから派生した自由すぎる音楽の表現の形。KAKATO。

夜を使いはたすほどMPCから奏でられるSTUTSのビート

ジャズやファンクの音のかけらを切り取り、MPCの16個のパッドを叩いて奏でるファットな人間味のあるビートで本場ハーレムを沸かす男。STUTS。

このブログについて

はじめまして。 当ブログを読んでいただきありがとうございます! ブログを開設してから4か月ほど経過していて、とても今更ですがこのブログについて紹介させていただきます。

【トウキョウトガリネズミ】底がしれない男MC松島【Refugeecamp】

本気なのか不真面目なのか、狙ってやっているのか天然なのか、日本語ラップシーンに吉田沙保里と言うジャンルを確立しようとしてみたり、みたらし団子を食べられた事からビーフに発展させてみたり正直つかめない面があるがそうなった時点でMC松島の魅力にと…

どこまで行っても「たりないふたり」Creepy Nuts

現役ラッパー最高のフリースタイラーと若手注目株のターンテーブリストでビートメイカーと言う誰もがうらやむ輝かしい経歴を持った二人。しかし、幼少期から劣等感を感じていたが、ヒップホップに救われた二人。そんな劣等感を活力に快進撃を続けているがそ…

熱海旅行記~起雲閣編~

さてさて、熱海旅行記第2弾です。 前回のこの記事の途中に脳内で上手い事差し込んでください。↓ 熱海旅行記~秘宝館、88TEES CAFE、来宮神社編~ 88TEES CAFEで休憩した後は「起雲閣」に行ってきました。

ヒップホップのマインドを感じるバンド5選

ヒップホップのビートは古いジャズからサンプリングされたものがほとんどです。 つまり、ヒップホップとジャズは間違いなく相性が良いと言い換える事が出来ます。 現にUSでは ザ・ルーツやJazz Liberatorzと言った大御所ヒップホップバンドがドープな生音で…

熱海旅行記~秘宝館、88TEES CAFE、来宮神社編~

先日、熱海旅行に行ってきました。 ひと昔前は新婚旅行と言えば熱海に行っとけ!ってくらいハネムーン=熱海だったみたいですね。 そりゃあ、岩崎宏美もシンデレラハネムーン歌っちゃいますね。 あっシンデレラハネムーンと熱海に因果関係はありません(多分…

日本語ラップの枠を適当に飛び越える芸術家KOHH

2012年にミックステープ「YELLOW T△PE」をリリースして以来、USのラッパーがスターダムにのし上がるかのように成功を収めつつあるが、自身を高田純次のように「適当な男」と表現する一方でSNSを使ったマーケティング戦略や斬新なセルフプロデュースをするク…

【随時更新】注目のビートメイカーまとめ

日本語ラップシーンが最近また盛り上がってきたのは、何も優れたラッパーが出てきたからってだけではありません。シーンを代表するラッパーが必要なのはもちろんですが、それと同じくらいイケてるビートを作るビートメイカーがいなかったら今のヒップホップ…

厚木のニュータイプラッパーSALU

一度聴いたら耳から離れなくなってしまう声質と独特のフロウ。決してハイテンションな訳ではないけどローテンションな訳ではない。言葉数は多いのに独特の余白と浮遊感がある。そんなニュートラルなスタンスで日本語ラップシーンでフォロワーを増やし続ける…

低価格・高タンパク・栄養満点でコラーゲン豊富な「牛すじ」の簡単な下処理の方法

牛すじって美味しいですよね。 スープやおでん、カレーなどに入れるとさらに美味しい! 良く煮込まれた牛すじはプルプルで柔らかい触感のため、脂肪だと勘違いされがちです。 しかし、そのほとんどはタンパク質であり、100グラム当たりのカロリーは155キロカ…

【随時更新】2017年オススメラッパーまとめ

2017年に入ってもう1か月が経とうとしています。 この感覚、年々早くなってる気がするのは私だけじゃないハズ・・・ それは置いといて、私が個人的に去年、もしくはその前から続いて推しているラッパーや、今年新たに知ったラッパー、クルー、ビートメイカ…

【随時更新】注目のフィメールラッパーまとめ

日本語ラップに限らずヒップホップはなにも男だけのものではないです。とてもカッコ良い女性ビートメイカーや女性ラッパー(フィメールラッパー)もたくさんいます。 今回はそんなナイスなフィメールラッパーを紹介します。

ハーレムの一室から紡がれるKID FRESINOのラップ

見た目は年相応くらい、むしろ幼さが残る顔つきながらひとたびステージに上がるとソウルの曲をサンプリングしたオーセンティックなビートにセルフボースティングなラップを武器に日本語ラップの未来を切り開くKID FRESINOについて。

dooooのクリエイティブな頭の中を具現化したビート

dooooのビートは色々な音が入り組んでいる。まるで子供の夢を詰め込んだおもちゃ箱みたいに。 doooo(ドゥ)

感情の1番深い所に突き刺さる竹原ピストルの唄声

竹原ピストルの歌を初めて聴いたのは住友生命のCM曲の「よ~そこの若えの~」ってサビの曲をテレビで歌っていたのを見て知ったのが始まりだった。つまり全然詳しくない。 なので勢いだけでスカスカな内容だったとしても私は一切責任を取りません。あしからず…

【随時更新】青森のオススメなラーメンをひたすら紹介

東北地方は美味しいもの大国ですが、ラーメン大国でもあります。山形の庄内ラーメン。福島の喜多方ラーメン。そして青森の津軽ラーメン(煮干しラーメン)です。

立佞武多の館で冬でも夏の熱量を体感する

青森県の夏の有名な祭りと言ったら人形型の青森ねぶたを想像する人が多いと思いますが、ほかにも青森には扇型の弘前ねぷたや縦に長い山車が特徴の五所川原の立佞武多などがあります。 今回は実際に運行されている立佞武多を保管している五所川原の「立佞武多…

太宰治の生家「斜陽館」について

2017年1月4日更新 「津軽平野のほぼ中央に位し、人口五、六千の、これという特徴もないが、どこやら都会風にちょっと気取った町である。」 太宰治は小説「津軽」の中で青森県北津軽郡五所川原市をこのように説明している。 そんな少し都会風に気取った…

宮沢賢治の理想郷岩手県花巻市を散策

「雨ニモマケズ」や「銀河鉄道の夜」、「注文の多い料理店」などで知られる宮沢賢治生誕の地を散策してきたので紹介します。 宮沢賢治(みやざわけんじ)

泥臭いパンクサウンドの中から生まれる奈良美智の作品達

その昔、アフリカ・バンバータが唱えたアフロアメリカンが「文化を取り入れて新しいスタイルを生み出す事」を表したヒップホップ。 ヒップホップの4大要素はラップ、DJ、アート、ダンスです。 その精神は継承され現代では常に人の生活に寄り添うものとなり…

山梨から世界に向けてやべ~勢いでぶっ放す男。田我流

「お前らにとったら小さなことだな、でも俺にとったらこれがすべてさ」 誰よりも熱くるしくて、誰よりも面倒くさくて、かと思えばとても繊細で、だけど誰よりもまっすぐで、誰よりも人間臭い男。それが田我流。 田我流(でんがりゅう)

炊飯器を使った簡単ローストビーフで年の瀬感を漂わせましょう

先日スーパーで安く牛かたまり肉を手に入れたので、作った事のない料理を作ってみようと思ってローストビーフを作ってみました。 下味を付けてほっておくだけであとは全て炊飯器におまかせの簡単調理で作ることができたので紹介します。